作業員

原状復帰が必要な理由|綺麗にして返すのが礼儀

ヘルメット

事前の確認が大事

賃貸物件では必要不可欠になってくる現状回復ですが、専門の業者や建設会社に依頼することで早急に対応してもらえます。ただし様々な業者がいるため、事前に色々と確認しておく必要があります。

空き部屋

経年劣化の考慮

原状回復は借りた当初の状況に戻す義務ではなく、経年劣化による部分は免除されます。契約書の記載には原則として従う必要がありますが、経年劣化によることが明らかであれば無効になる場合があることも留意しておくと良いでしょう。

スムーズに退去するため

空室

入居者の義務やマナー

原状復帰とは、賃貸物件の入居者に課せられている義務です。入居者は、退去する際にはその賃貸物件を、入居時と同じ状態にする必要があるのです。具体的には、持ち込んだ私物は全て運び出し、完全に空室の状態にします。もちろんゴミやホコリなどが落ちていない状態にしなければなりませんし、シミや水垢なども除去しておきます。要は原状復帰は、借りたものをきれいにしてから返すという、人間としての一種のマナーなのです。ただし、個人の力ではどうしても元の状態に戻すことができないものもあります。たとえばフローリングがすり減ったり色褪せたりした場合には、その張替えが必要となりますが、これは個人では困難です。したがって、こういった大修繕が必要となる部分に関しては、原状復帰の対象とはなりません。

業者によるサポート

逆に言えば、小修繕で元の状態に戻すことができる部分は基本的に全て、原状復帰の対象となるわけです。例えば、壁の画鋲の穴などは埋めて目立たなくすることができますし、水回りに生えたカビも、専用の洗剤を使ってある程度除去することが可能です。とはいえ、急に引越しが決まった場合などは、原状復帰に十分に手間隙をかけることができません。そのような場合には、原状復帰をサポートする業者に任せることもできます。業者は、小修繕とみなされる部分をプロの目で見分け、きれいな状態に戻すのです。原状復帰をせずに退去すると、家主との間でトラブルが発生することがあります。しかし自力あるいは業者の力を借りてしっかりと原状復帰をしておけば、トラブルを発生させることなくスムーズに退去できるようになるのです。

工具

建物を回復できるサービス

建物を最初の状態に戻す作業を行ってくれるので現状復帰業者は人気があります。賃貸契約をするうえで、契約の内容に元の戻す作業が入っている場合がほとのです。それで現状復帰工事業者を多くの人が利用しています。