作業者

原状復帰が必要な理由|綺麗にして返すのが礼儀

  1. ホーム
  2. 経年劣化の考慮

経年劣化の考慮

空き部屋

元通りにする必要はない

原状回復は賃貸物件を借りた当初の状況に戻すことが求められるのが特徴です。しかし、厳密に元通りにする必要はありません。経年劣化が起こってしまうのは物件にとって必然のことであり、そこまで入居者が責任を負う必要がないのです。住んでいたら当然のように起こってしまう劣化については元通りにすることは求められていないのが原則になります。しかし、付けてしまった傷などは修繕してから退居する必要があり、本人の落ち度によるものだとわかれば原状回復が行われていないものと判断されるでしょう。直せる範囲で修繕しておくに越したことはありませんが、基本的には完璧に元通りにしなくても原状回復は達成できるという認識をしておくことが入居者には大切です。

契約書の記載の有効性

入居者側の立場からよく知っておいた方が良いのが契約書の記載の有効性です。基本的には契約書に原状回復の詳細についての記載が行われていた場合には、それに従って原状回復を行った上で退去しなければなりません。しかし、その記載内容によっては無効になるという判決が下されたこともあります。やはりそのときに問題になっているのが経年劣化であり、畳の日焼けなどのように住んでいれば必ず起こってしまうものであればその責任を負う必要はないことが記載されている場合には契約書であっても無効になることがあるのです。明らかに不当であるというときには契約の時点で指摘しておくのが望ましいですが、原状回復をする段階で気づいた場合にも第三者に相談した方が良いでしょう。